通販サイトへ

「水野健一郎 presents -得体2020-」

「得体」はアーティスト水野健一郎氏がキュレーションを務める企画グループ展です。
「4人の作品には曖昧な何か(概念化する前の具象?具象化する前の概念?)がその危うさとは裏腹に揺るぎない頑固さで存在している。その未知なる得体に触れると僕の中の様々な感情が一斉にどよめき、いても立ってもいられなくなる」というコメントと共に企画された「得体」は、2016年11月に東京のギャラリー・ルモンド(L’illustre Galerie LE MONDE)で開催され、2017年5月に大阪のPulpへ巡回しました。
本展はそんな「得体」の3年ぶり3回目の展覧会になります。

VR View

↓↓ 作品画像にマウスオーバー(またはタップ)すると、作家名と詳細&購入ボタンが表示されます。 ↓↓

作家プロフィール

  • 水野健一郎(Kenichiro Mizuno)

    水野健一郎(Kenichiro Mizuno)

    1967年岐阜県生まれ。東京都在住。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。バンタンデザイン研究所キャリアスクール修了。セツ・モードセミナー卒業。

    既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、潜在的絵画体験であるTVアニメからの影響を脳内で再構築し、多様な手法を用いてアウトプット。その一方で、「表現のキワ」を追究すべくクラムジング及び脱印象的描画法を開発。

    映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。
    美学校講師、東北芸術工科大学非常勤講師、女子美術大学非常勤講師、京都芸術大学特別講師、マイファイ絵画実験室講師。

  • 井出佳美 (Yoshimi Ide)

    井出佳美 (Yoshimi Ide)

    神奈川県出身、川崎市在住
    今の気分というはっきりと見えないもやっとしたところに左右されます
    ギャラリーでのイベント、展示会を中心に作品を発表しています

  • 管弘志 (Hiroshi Kan)

    管弘志 (Hiroshi Kan)

    イラストレーター
    絶対的な平面性、違和感、裏切り、なんの意味も持たない物語。
    自分で不安になるくらいの平面構成を目指します。

  • 近藤さくら  (Sakura Kondo)

    近藤さくら (Sakura Kondo)

    1984年生まれ。画家。

    生活圏内をくり返し歩き回ることで、見慣れた場景の中で忘れられている美しさや不思議さを持つ場面を記録・収集し、それらを材料にして作品制作を行う。作品の形態は、平面作品を中心に、映像、立体、衣服など様々。

  • 竹下昇平 (Shohei Takeshita)

    竹下昇平 (Shohei Takeshita)

    1990年生まれ。
    iPhoneで撮った写真を元に、都市と自然、ありふれた風景をアクリル絵具で描く。
    2013年 グループ展 春のカド 参加 (ターナーギャラリー)
    2014年 グループ展 春のカド2 参加(ターナーギャラリー)
    グループ展 春のカド3 参加(momurag)
    2015年 個展 眺めのいい部屋 (高円寺 pocke)
    2016年 新井五差路との二人展 すべて眺めのいい~ (spiid)
    カオスラウンジ新芸術祭2016市街劇「地獄の門」参加 (もりたか屋)
    水野健一郎presentsグループ展「得体」参加 (ギャラリー ルモンド)
    バラックアウト展 参加 (旧松田邸)
    2017年 竹下双子展(双子の弟、竹下晋平との2人展   フォースも覚醒 (中央本線画廊)
    グループ展 春のカド7 参加 (artgallery opaltimes)
    2018年Identity XIV curated by Mizuki Endo – 水平線効果 – 春のカドとして参加(nichido contemporary art)
    個展 しんこうけい (あをば荘)
    2019年竹浪音羽との二人展 真っ直ぐ曲がる(にじ画廊)
    個展 懐かしの今 (CRISPY EGG Gallery)
    2020年竹下双子展 外野フォース(3331Gallery)、(CRISPY EGG Gallery)