通販サイトへ

抜水摩耶/前田流星/小川泰 三人展『TIME GURU』

「TIME GURU」
会期:2022年9/17(土)〜10/2(日)水曜定休
平日…13:00~17:00
土日祝…13:00~19:00
出展作家:抜水摩耶、前田流星、小川泰

VR View

↓↓ 作品画像にマウスオーバー(またはタップ)すると、作家名と詳細&購入ボタンが表示されます。 ↓↓

作家プロフィール

  • 抜水摩耶 Maya Nukumizu

    抜水摩耶 Maya Nukumizu

    1982年京都府生まれ。東京都在住。
    京都芸術大学大学院 芸術表現専攻 修了(元・京都造形芸術大学大学院)
    幼少期より強い影響を受けてきた漫画カルチャーは自身の美学を形成し、
    その表現を用いて執拗に溢れ出るイメージを重層的に作品へと取り込み、
    ペインティングを中心に制作している。
    国内外で作品発表を重ねる傍ら、アニメーションフェスティバルの参加や、
    アイドルグループのアートワークを手掛けるなど幅広く活動中。
    近年の主な展覧会に、2022年『主人公』 WISH LESS gallery/東京、
    2021年『乱反射』 NADiff a/p/a/r/t/東京、
    2018年『I can see Everything』Ten Haaf Projects/アムステルダムなど。

  • 前田流星 Ryusei Maeda

    前田流星 Ryusei Maeda

    1993年兵庫県生まれ。京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科卒業。
    インクを使った繊細な線や点で、白黒の平面作品を制作する。
    最近の主な展覧会 2022年4月 Ryusei Maeda Solo Exhibition ESC~from now~ 東京編 at MAT gallery 2022年5月 Ryusei Maeda Solo Exhibition ESC~from now~ 京都編 at TWELVE KYOTO & HANDSAWPRESS KYOTO

  • 小川泰 Tai Ogawa

    小川泰 Tai Ogawa

    1981年茨城県生まれ。2006年武蔵野美術大学院修了。
    2013年に起きたバイク事故をきっかけに制作を再開。作り残すことを第一義に、2次元である平面空間に3次元の空間を創出することを絵画と定義し、
    次元の超越から平面の可能性を拡張すべく制作を行っている。現在ではさらに次元を超越し、時間をテーマにした4次元絵画理論を構築中。
    近年の主な展覧会に、2022年「考える猿」YOD gallery,大阪、2021年「逆襲のエレメンタリィ」L+/ Lucie Chang Fine Arts,香港、
    2020年「透明人間」 CLEAR GALLERY TOKYO, 東京、2019年「Super String Theory」206 Galleria,イタリア、などがある。